Raspberry Pi 3 に ubuntu-server 18.04 を入れてみる

Raspberry Pi 3 model B+ に 64bit ARM版 ubuntu-server 18.04 を入れてみた。

Install Ubuntu Server on a Raspberry Pi 2 or 3 から、イメージをダウンロード。

xz ファイルなので、7z などで取りだすか、WSL から unxz して img ファイルを取り出す。

micro SD カードに raspbian 同様、Win32DiskImager などで転送する。

イメージを転送した micro SD カードを挿して Raspberry Pi 3 を起動する。

インストール処理が始まり、しばらくすると

ubunutu login:

と表示されるので、"ubunutu" と入力、パスワードも "ubuntu" と入力。

ubuntu@ubuntu:~$ ip a

で、IP アドレスを確認して SSH するもよし、コンソールでそのまま処理するもよし。

IP アドレス設定

ubuntu-server は、netplan を使って設定するみたいだが、SoftEther を使って VPN 環境を作るので、後回しにする。 デフォルトの DHCP 割り当てで初期設定を行う。

最新パッチ

ubuntu@ubuntu:~$ sudo apt update
ubuntu@ubuntu:~$ sudo apt upgrade -y

ARM 64bit版の確認

ubuntu@ubuntu:~$ uname -a
Linux ubuntu 4.15.0-1036-raspi2 #38-Ubuntu SMP PREEMPT Wed May 8 09:46:19 UTC 2019 aarch64 aarch64 aarch64 GNU/Linux
ubuntu@ubuntu:~$ lscpu
Architecture:        aarch64
Byte Order:          Little Endian
CPU(s):              4
On-line CPU(s) list: 0-3
Thread(s) per core:  1
Core(s) per socket:  4
Socket(s):           1
Vendor ID:           ARM
Model:               4
Model name:          Cortex-A53
Stepping:            r0p4
CPU max MHz:         1400.0000
CPU min MHz:         600.0000
BogoMIPS:            38.40
Flags:               fp asimd evtstrm crc32 cpuid

ただ Flags を見ると raspbian より少なく、neon や vfp 関連もない。

hostname 変更

ubuntu@ubuntu:~$ sudo hostnamectl set-hostname {XXXXX}

タイムゾーンを東京に変更

ubuntu@ubuntu:~$ sudo timedatectl set-timezone Asia/Tokyo

NTP サーバーを日本(nict.jp)に変更

ubuntu@ubuntu:~$ sudo sed -ie 's/^#\?NTP=.*$/NTP=ntp.nict.jp/' /etc/systemd/timesyncd.conf

メッセージを日本語化するもよし

ubuntu@ubuntu:~$ sudo apt install language-pack-ja -y

とすれば、man など日本語表示にできる。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。